幸せを約束する聖書の言葉

あなたが聖書のみ言葉に接するとき、心に満足と喜び平安が与えられます

神の国のしるし、権威ある新しい教えと奇跡

 主イエスは、ペテロと他の3人の弟子たちと、安息日(土曜日)の礼拝日に会堂へ行きました。そこで、イエスは、神の国について語られました。



 会衆にとって、今まで経験したことのない圧倒的な力と新しい教えに接したのでした。会衆は、驚き、驚嘆しました。



 そのイエスの、教えを遮るように、悪霊に取り付かれた男が叫びました。



「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」(マルコによる福音書1章24節)



 すると、イエスは、「黙れ。この人から出て行け」(25節)と命じられたのです。悪霊は、大声をあげながら出て行きました。



 人々はそれを見てさらに驚き、「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く。」(27節)その出来事は、ガリラヤ各地に伝わりました。



 奇跡が行われ、悪霊が追い出されることは、メシア(救い主)の到来のしるしでした。メシアの打ち立てる神の国が来ていたのです。



 神の国の特徴は、人間を悪から解放して、本来の人間に回復することです。悪霊に取り付かれている男は、自分の意思のままに行動できず、悪霊にまったく支配され、どこからも助けを得ることのできない存在でした。



 自由を奪われ、助けを願うにも、自分の言葉を奪われ、悪霊の言葉を語るこの男を解放したのは、神の子、イエス・キリストの御言葉と力でした。それこそ、神の権威ある新しい教えだったのです。



この男の中に、神の国が始まりました。その国をつかさどるのは、主イエス・キリストです。



 神の国は、神の愛が支配する国です。それは、人間を縛り付けている、様々なこの世のものから解放して、その人をその人らしく回復する、神の国です。



 今日も私たちのところに、神の国は、主イエスによってもたらさているのです。神の国を知るには、男が主イエスに叫んだように、主イエスに問いかけ、叫び、信じる方向転換が必要です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村