幸せを約束する聖書の言葉

あなたが聖書のみ言葉に接するとき、心に満足と喜び平安が与えられます

忍耐して祈る、信仰をもって祈る

 イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。「ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。ところが、その町に一人のやもめがいて、裁判官のところに来ては、『相手を裁いて、わたしを守ってください』と言っていた。裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかしその後に考えた。『自分は神など畏れないし、人を人とも思わない。しかし、あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない。』」
 それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」

 ルカによる福音書18章1節から8節(新共同訳聖書)には、忍耐して祈るべきこと、しかも信仰をもって祈るべきことを教えています。


 信仰無くして祈ることは出来ません。


 祈ること無くして、信仰はありません。


 そのことを学ぶ必要があります。そして又、信仰の祈りに神は速やかに答えてくださいます。


 この物語の内容は、ひとりのやもめが、人を人とも思わない裁判官に絶えず訴えることで、遂に裁判官は彼女の訴えに耐えられず、やもめに有利になる裁判をするということです。その中に祈りに応える神様の姿があらわされています。


 又1節に、「イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された」とあります。


 「気を落とさずに」という言葉は、口語訳では、「失望せずに」となっています。また、岩波書店刊行の訳では「倦んではならない」となっています。


 「失望すること」「気を落とすこと、すなわち落胆すること」「倦み(うみ)つかれてしまう」ことが祈りに対してあるというのです。


 神様が一向に祈りに答えて下さらないと失望してしまい、神様は私を見捨てたのかと思うのです。あるいは、自分の失敗や、不信仰、罪のために「気おちして」祈ることができないというのです。



 イザヤ書40章27節には、「ヤコブよ、なぜ言うのか、イスラエルよ、なぜ断言するのか、わたしの道は主に隠されている、と。わたしの裁きは神に忘れられた。と」述べられています。


 「祈りは、神を変えるものではない。祈りは、わたしたちを神に一致させるものである。わたしたちが神に願っているときに、神はわたしたちの側に自己反省と、罪の悔い改めの必要があることを認められる場合もあろう。そのような時に、神はわたしたちに様々な試練と、屈辱をお与えになる。そして、聖霊がわたしたちを通してお働きになるのを妨げているものがなんであるかをお示しになる。」(キリストの実物教訓)E.Gホワイト


 祈りが直ぐ答えられないのにも目的があります。だから忍耐をもって絶えず祈ることを訴えているのです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村